脱力日記(純情派)

シンガーソングライダーかく語りき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもどうぞ。

他人の自転車を蹴っ飛ばしながら自分のチャリンコを引っ張り出していたら、どこかのオバチャンに「けったいなヤツ」と言われました。

それはそれは、どうもどうも。


ということで、新曲が沢山なのです。


思うところ、思うだけ詰め込んで。


2月11日(月) 渋谷ウェステッドタイム

2月20日(水) 高田馬場天窓


突然何の話かというと、ライブの宣伝なわけですよ。

よろしこ。

スポンサーサイト
マウスペット。(ボイスペット??)

人間、追い詰められると、凄まじいトコロに目を付けるものである。

おれはトランペットに憧れていた。

ギターを続けてはいたものの、いつかは趣味で自分のトランペットを一本持ちたいと思ってきた。

しかし、だ。

いやもう、言わずもがな、金が無い。いい年こいて。

相変わらずの貧乏と金回りの悪さに多少開き直ってしまっているくらいだ。



でもそんなときに限って、余計に物欲というものはあふれ出してくるものでして。

要は、今まさにトランペットが欲しいのである。コレまでの人生の中で一番欲しい。


欲しい。

買えない。

欲しい。

買えない。あぁぁぁ。


で、ちくしょー、と口を尖らせながらギターを弾いていたある日のこと。

おれの唇に、ある現象が。

「ぷあぁぁー」

あれ?

「ぷあぁぁー。ぷぱぱぷあぁぁー。」

あ。


噂には聞いていたが、これがあのマウスペットという楽器か。(ただ唇を震わせて歌うだけの技術なんだが)



もうトランペットいらねぇや。笑

どのみちトランペット持ちながらギター弾くのは無理っぽいし。

タダだし。

荷物持たなくていいし。

壊れないし。


いやでもこれ、練習すればするほどトランペットの音に近づいていくな。

本物の奥行きのあるサウンドには到底かないもしないのだが、だからと言ってトランペットでマウスペットのこの安っぽさも出ないだろう。

いいぞ、おれ。

ぷぁぷぁぷぁー

ビバ、貧乏。


繋ぐもの。

いえぃ。

年明けからナントカうまく生きてます。

仕事も変えます。はい。



今年はね、去年みたいにやんわりと過ごす一年にはしません。

明確に照準を定めて、やりたいことを、やりたいときに。やるべきときに。

音楽に限らず、まぁ、いろいろだ。



ところでみなさん、日本でもこういった活動があることを知ってた??

おれは宗教や思想で世界が変わるなんて思わない。

世界は、人間が変えるのである。

【free hug in kyoto】

建前でも本音でも。

なんだかなぁ。

自分の物欲に押しつぶされてしまいそうです。最近特に。

押し殺していた感情が、ぶわぁぁぁ、っと。

眠れないです。ハイ。

お金でどうにかなると思っている人たちってのは幸せだなぁ。

歌う阿呆に聴く阿呆。

あうあうあー

新年を瀕死の経済状況でやっとこさ乗り越えました。

仕事用の靴下と肌着を買って死に掛けてるおれって・・・


ということで、ライブ情報です。

今年はちょっとベクトルを新たにしていきますよ。


1月19日(土) 下北沢アーティスト

1月23日(水) 渋谷ウェステッドタイム

2月20日(水) 高田馬場天窓


まぁ確かに仕事量の割りに金が無いのはちとツライのだが、それでも働く場所があって友達と遊ぶ予定があって、新年早々なかなか良さ気なライブの予定があって、遊びに来てくれるお客さんがいて、マンションの裏には釣りができる東京湾の運河があって。

これを幸せと言わずになんと言おうか。

おれは、とてもとても穏やかな新年のスタートを切ることができています。

お蔭様で。

今年の抱負について。

あるけど教えねー!!

ぎゃははは。

ってことで今年もヨロシクね!!

気を読む。

空気。

気配。

気持ち。



こんなものが読めるようになったら、どんなに自分の思うとおりに振舞っても、敵は作らずに済むのではないか、と。


最近ほんとに考えます。


目の前の人が、手を握ってもらいたいとき。

そういうときに、なんの疑いも無く手を握ってみせられるのが、優しい人なのではないか、と。


おせっかいはおせっかいでしかなく、傍観もまた傍観でしかないわけで。


と、まぁいわゆる独り言なのである。

永遠なのか本当か。

今日は下北沢アーティストでライブでした。

いやいや、親友の和田周太も同じステージに立っていただいたのだけれどね、やっぱり仲のいい人間がいいテンションで歌っていると、燃えるねぇ。うん。

エネルギーってのは、必ず循環をするものだ。

誰かの元気は、おれのもの(笑)


今年は無事にカウントダウンイベントにも声を掛けていただいて(まぁ正確に言えばおれが歌うのは年初めの時間帯なのだが)、なんだかもう今年一年は明日くらいに終わっちゃってもいい、ってくらいの満足度です。


旅に音楽にワンマンライブに。

やりきった一年。

ほんと何年かぶりに、「やりきったぜ!!」と胸を張って言える年でした。


さてさて、来年はバンドでも組もうかな。

あとは新しいギターと自転車も欲しいな。

締め。

今年も無事に、大晦日のカウントダウンライブに声を掛けていただきまして。

自分の中では、ワンマンに次いでの大きなイベントだからなぁ。

詳細は後日ここにアップしますね。


今年はいろんなコトがあったなぁ。


世の中のいろいろなカラクリを少しだけ知って、このままじゃぁ、おれたち人間はホントに未来が無くなっちゃうなぁ、なんて気が付いたりして、アーティストである意味を今一度しっかり考えてみたり、人生においてたぶんベスト4に入るくらい落ち込んでみたり、まぁ、とにかくたくさんのいいキッカケをもらった一年でした。


過渡期。


アーティストとして、男として、長男として、人間として、地球人としての、過渡期。


ジョン・レノンはあまり好きではないけれど、彼の意思だけはいつの時代も受け継がれるべきだ、とおれは思う。


消費と摂取は紙一重だということ。

表現と暴力もまた然り。


コンビニの前で、少年二人が族車に寄りかかりながら、「ガソリン高ぇからなぁ」とぼやいていました。

いいぞ、きっかけなんてそこらへんに転がってるんだ。

しっかり拾って、ポケットにしまえばいい。


おれもしっかりとその意味を掴んで、自分のものにしなきゃ。

人に優しく。

「頑張れ」とか、他人に言うのはいつでも気が引けますね。

だって、そう言いたい状況のときって、必ず本人は頑張ってる真っ最中なんだもん。

でもね、ここはあえて言いたい。

がんばれ。

死ぬ気でやったら、そのあと死ぬ気で休め。

死ぬ気でやってるヤツってのは、得てしてそう易々と死んだりしないもんだ。

大丈夫

命はなんとかおれが守る。



なぁんてことを、大事な友達に向かってハッキリと言えないおれがいます。

やれやれ、と。

プロフィール

Yo-Hey

  • Author:Yo-Hey
  • 都内ライブハウスでギター、ウクレレ弾き語りにて活動中。

    好きな動物は、ねこ。

    尊敬する人は、釣りバカの浜ちゃん。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。